クラウドストレージを活用しましょう

このサイトでは、クラウドストレージと社内サーバーとの比較やバージョン管理、容量不足の対応などのことを説明しています。
従来の多くの企業では社内にデータを管理することができるサーバーを設置していることがほとんどでしたが、ストレージ環境の整備が進み、社外でデータ管理を行える環境が存在します。
特にクラウド上での管理がコストもかからず、しかも一定のパフォーマンスを取得できて使いやすい状態になっており、企業でも急速に普及し浸透しています。

クラウドストレージと社内サーバの比較

クラウドストレージと社内サーバの比較 クラウドストレージは、ネット上のクラウド環境でデータ管理を行うことができる仕組みです。
多くの従業員と共有してデータを利用したい場合や複数端末・拠点からでもアクセスを行いたい場合に活用することもできます。
社内サーバーの場合は自社でサーバーを管理することになり、クラウドストレージと比較すると光熱費や維持管理のための費用、拡張時の対応を必要とします。
クラウドストレージであれば、光熱費や維持管理、拡張のためのコストや手間がほとんどかからないです。
また地震などの災害が発生しても分散管理でバックアップ体制もあるため、容易に復元することができ、リスクに強くなります。
社内サーバーの場合、災害などが発生すると、サーバーの復旧が行えずデータを失うリスクも存在します。

クラウドストレージと社内サーバーの違いとは

クラウドストレージと社内サーバーの違いとは 会社でデータを保存するときに使えるものは社内サーバーです。
これは自社にサーバーを設置して社内のデータを蓄積するのが特徴と言えるでしょう。
自社管理を行えるだけの設備を導入しないといけないのでイニシャルコストが結構かかってしまいます。
またウイルスやデータの漏洩といったトラブル、ハッキングの被害から守るための管理もしっかりしないといけないです。
クラウドストレージはインターネット上にあるストレージサービスを利用して自社のデータを保管します。
保管場所は書くクラウドストレージが用意しているデータセンターで、ここは24時間しっかりセキュリティを行っているのが特徴です。
災害に強い強固な作りをしていて、簡単にハッキングできない仕様なので安全性は高いです。
社内サーバーのようにイニシャルコストがたくさんかかるデメリットもないので中小企業でも簡単に導入できます。
基本的にクラウドストレージは月額料金制で利用をするデータ量に応じて料金が変化するのがメリットです。
会社の規模に応じて調整する事ができるのも最大の強みなので使い勝手が優れています。
サーバ運用や管理の必要は一切なし、情報システムに業務が集中するといったデメリットもないです。

>クラウドストレージ情報サイト

クラウドストレージ