クラウドストレージ普及の影響

クラウドストレージ普及の影響

クラウドストレージ普及の影響 クラウドストレージは、膨大な量のデータを扱っている企業にとっては必要不可欠のサービスです。国内でも多くの企業で活用され、ビジネスの世界におけるデータ管理を行う上でもなくてはならない存在として機能しています。
ただクラウドストレージが普及した背景には、低価格化と大容量化が拍車をかけているのも事実です。しかも多機能化やセキュリティがより強化されるニーズも起きており、そのたびに品質も強化されています。
例えば利用する企業のニーズには、従来はバックアップの時間短縮がメインでしたが、障害が起きない、メンテナンスや運用管理を必要としないニーズが生まれています。つまり低価格化と品質の向上から企業のストレージに関するニーズがデータ紛失などのリスク管理からそれを土壌とし、より高度な機能性まで求められる影響も見られます。
またこうした事情は、クラウドストレージまでを提供していたシステムインテグレーターの情報システム部門の経営戦略にまで影響を及ぼしています。

クラウドストレージは今後どうなっていくのか

クラウドストレージは今後どうなっていくのか クラウドストレージは今後どうなっていくのか、結論から言えばこの次世代型サービスはこれからますます普及し市場を拡大させていきます。
クラウドストレージの世界中のどこからでも複数の端末でデータにアクセスし、複数の人間でそれを共有できるメリットは極めて利便性の高いサービスだからです。
現在はまだ使用できる容量やアクセスするネット回線のスピードと安定性の問題から、デメリットとなる場面が多々存在しますが技術の発展によりそうした弱点も改善されていくことでしょう。
ただ専門家の間ではこれに異を唱える人もいます。
ストレージ容量の進化にネットの回線速度の向上および低価格がついていけないため、長期的にはユーザーは物理ストレージに回帰していくという意見です。
またハッカーなどの攻撃を受けて情報流出が発生するリスクがあることから、企業がこうしたサービスに社内のデータを保管することを禁止するのではないかという意見もあります。